ツボネット ホーム

仕事にならないほどの首の痛み

仕事にならないほどの首の痛み

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2019年4月 ~ 2019年4月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    2回

症状

2週間前からパソコンをしていたり、食事で硬いものを食べて咬む動作多いと首から頭にかけてズキンズキンと響くような痛みがあり仕事に支障をきたしている。頭の疾患を第一に疑い、脳神経外科を受診したが異常は見られなかった。次に筋肉の突っ張りやコリが原因と考え、近所の整骨院へ行くも改善されなかったため連絡をいただいた。
背臥位を取ると治まるが仕事(デスクワーク)中はなかなか休むわけがいかない。

起き上がるときや寝返るときなど首に過度な負荷が掛かると痛みが増悪する。常に首が重だるいため、あまり動かしたくない。

施術と経過

頚部を触れると著明なコリを触れた。そのため、関連ある手指にあるツボに鍼をした。
再度診るとコリが減少し、今度は肩甲骨の内縁に緊張を感じたためそこに鍼をした。
すると症状の消失を確認し、1回目の施術を終えた。

2回目、『前回から症状が出ていない』とのこと。
前回の施術に加え、肘のツボを加え全身の調和を図った。
置鍼中もリラックスしている様子を確認出来ため施術を終了とした。

使用したツボ

まとめ

職業柄、パソコン作業が多く手指の緊張が首の症状を招いていたと考えられます。
また肩甲骨の可動性を高めることで呼吸機能が賦活し身体機能が取り戻されたと思われます。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供