ツボネット ホーム

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2015年10月 ~ 2015年11月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    4回

症状

10年位前から、腹痛が頻繁に起きるようになった。 月に何回かはトイレに間に合わなず粗相をする事 があり、最近は腹痛が起きてからトイレまでの 我慢できる時間が短くなり、車や電車での移動が 不安である。 背中に寝ていても張り感を感じるようになり 背中の治療の為に来院して頂きましたが、詳しく 話を聞いてみるとお腹の不調もあるということで 施術を始めた。

施術と経過

〈初診日〉 腹部全体に張りが強いので、手のツボに鍼(はり) をした。腹部全体が緩んだのを確認できたので 局所の圧痛部位がわかりやすくなり、局所の 圧痛箇所を緩めるために足のツボ2箇所に鍼を した。腹部が緩むと、背中の張り感もラクに なったので施術を終了した。 〈2~4診目〉 遠方から来院もあり1週間に1回のペースで 施術を続け、施術を受けるたびに腹痛の強さ 回数などが軽減していき、今のところ、粗相 も1度もしていない。 現在は本人の希望により、月1回の通院を 継続されている。

使用したツボ

まとめ

背中の張り感はお腹の不調を改善することで 消失した、何より10年前からあった症状が 数回の鍼施術で改善できた。 過敏性腸症候群で悩んでいる方は沢山いますが 中々、鍼施術を選択させる方は少ないと感じます そんな方々に鍼施術で改善できて、その先の 明るい未来が提供できるように、もっと情報発信 していきます。

提供:鍼灸&整骨 光司堂(こうじどう)

症例提供