ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうroom タスケの症例

無理な体勢から物を拾おうとして腰痛を発症

全国の症例
はりきゅうroom タスケの症例

無理な体勢から物を拾おうとして腰痛を発症

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2017年11月 ~ 2017年11月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    2回

症状

1週間前、左手で2歳の娘を抱っこした状態で落としたスマートフォンを右手で拾おうとした時、「ピキッ」と左腰に痛みが走った。歩けない程の痛みが続くため、翌日に近所の整骨院で診てもらう。症状は軽くなったが左腰の痛みが取りきれず、鍼灸治療を考え来院。

施術と経過

痛みが出る動作を確認すると、立つ際や座る際の中腰の姿勢が痛い。また姿勢をまっすぐにしようと背筋を伸ばそうとしても左腰が痛む。腰を痛めた直後から左足にピリピリしたシビレ感もあることも分かった。
腰痛の発症時、左手に子どもを抱いていたことから左手のツボに鍼をした。つづけて中腰の姿勢を楽にするため、足のツボに鍼をした後に動いてもらったところ、左腰の痛みと痺れ感が出ないことを確認できたので初回を終えた。
2回目、左腰の痛みはほとんど取れていたが、多少の違和感が残るため来院。
肩甲骨のツボで調整したところ、違和感もなくスムーズに動けるようになったので終了とした。

使用したツボ

まとめ

無理な体勢(子どもを抱えた状態)から物を拾う動きで胸椎に負荷がかかり、骨盤にまで影響を及ぼしていたと考えられる。原因にうまくアプローチすることができれば、その場で身体の変化を実感することができる。

提供:はりきゅうroom タスケ

症例提供