ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

NEW重作業をした翌日からの腰痛

NEW重作業をした翌日からの腰痛

症状

2週間程前、仕事で30~40kgの鉄板を動かして、溶接の作業をした。その翌日から腰が痛くなった。
1週間経っても腰が痛むため、整骨院へ通院。電気療法や湿布薬では、変化が感じられなかった。
座った状態から立ち上がる時が一番痛く、立ち上がってからも痛みがしばらく続く。寝ているのが一番楽だという。

  • 来院者

    男性

    50 代

  • 期間

    2020年10月 ~ 2020年10月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

施術と経過

動作確認をしたところ、腰の前屈時に痛みが強く出るとわかった。腰椎下部(左側)に、軽く押しても痛むポイントが見つかった。そこを緩める目的で、ふくらはぎのツボに鍼を行なった。直後、腰の前屈を確認したところ痛みを感じずスムーズに動かせるようになる。腰を捻る動きでの痛みが残ったので、ふくらはぎのツボを追加すると、どう動かしても腰の痛みを感じなくなったため施術を終えた。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

腰の前屈・回旋に関連する腰椎の調整を下腿のツボで行なった。重い物を動かしたり溶接をするときの姿勢が、ふくらはぎに負荷を与え、腰椎下部に影響したことで腰痛が起こっていたと考えられる。

症例を投稿した鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

症例を投稿した鍼灸院