ツボネット ホーム

全国の症例
梶谷接骨院・鍼灸院の症例

歯磨き中にくしゃみをしてギクッとなる

全国の症例
梶谷接骨院・鍼灸院の症例

歯磨き中にくしゃみをしてギクッとなる

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2018年5月 ~ 2018年5月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    3回

症状

ビキッと電撃走るぎっくり腰

朝起きて歯磨きをしているとき、くしゃみをした瞬間、腰に激痛が走り膝も腰も伸ばせなくなった。以前にギックリ腰になったことがあったがここまで痛くなったのは初めてであった。明日、どうしても出ないといけない会議があるので、今日は仕事を休んで以前肉離れでお世話になった梶谷接骨院・鍼灸院に行くことにした。

施術と経過

前に屈んだままの背筋が伸びない状態で、椅子に座るのも立つのも激痛が走り、歩くのも痛くてゆっくりしか歩けない状態であった。腰全体が痛くてどこが痛いかわからない。身体全体を観ていくと左の脊柱に動きの悪い箇所が確認できた。動きの悪い脊柱の個所の動きを改善するために手と足に鍼をした。すると、立ち座りや歩行がましになった。2回目、会議は出れたが、長時間の座位が続くときと起床時に痛みが出るのが残っているとのことであった。1回目のツボに加えて肩甲骨周囲に鍼をした。3回目、日常生活に支障が出なくなったとのことで終了とした。

使用したツボ

まとめ

腰全体が痛くてどこが痛いかよくわからないぎっくり腰でも腰全体に直接鍼をすることはない。なぜなら、必ずぎっくりになった原因が体のほかの個所にあるからである。その原因の個所を見極めることが重要である。

担当スタッフ

梶谷和史

提供:梶谷接骨院・鍼灸院

症例提供