ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

慢性的な肩こりから腰痛を感じるようになった

慢性的な肩こりから腰痛を感じるようになった

症状

1か月半に転職して住む地域まで変わった。これまでパソコン作業が多いデスクワーク中心であったが現在は立ち仕事で肉体的負担が大きくこれまで感じなかった腰痛になったと考えている。両手のひらを腰部に当てぼんやりと示しており、常時感じている痛み。座って問診をしていたが段々と背中が丸くなっていく。また、肩こりは首の付け根から肩甲骨内上角に沿って示しこちらもぼんやりとした痛み・重だるさを感じるとのこと。酷いときには左手が痺れることもある。

  • 来院者

    男性

    40 代

  • 期間

    2020年5月 ~ 2020年5月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

施術と経過

まずは肩関節と股関節の起点となる足部に鍼をした。次に臀部に見られた緊張に鍼をすると腰方形筋部・僧帽筋上部が緩んだ。この時点で患者さんに聞くと『肩は動かしやすくなり、腰も軽くなったが前屈みになったら若干の突っ張り感を感じる』とのこと。
立ち仕事と言うことも考え、身体の支えとなる膝裏のツボで対応した。再度動きでみると『気にならないほどだ』と喜んでいた。また、坐位姿勢が施術前と比べ背筋を伸ばし姿勢も良くなっていたため施術を終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

肩と腰部を同時に痛めていることは往々にしてあることです。この時、股関節の問題・肩関節の問題・腰部の問題と分けて考えていると施術方針が定まらなくなります。そこで起点を整えることを第一に行い、その上で残った緊張をピンポイントで取り除いていきました。また、患者さんが動かしての痛みを訴えていたのでそこに焦点を合わせた施術を出来たのが良かったと思います。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院