ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:しん鍼灸院

「歯の治療後」から出た下顎と歯肉・歯茎の痛み

「歯の治療後」から出た下顎と歯肉・歯茎の痛み

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2016年9月 ~ 2016年9月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

前日に、左側の歯を麻酔した後に「歯の治療」をした。直後から下顎が腫れてきて、それとともに歯肉と歯茎にも痛みが出るようになった。翌日になっても痛みが引かず辛かった時に、ちょうど母の往診で来ていた当院に相談の後、施術をお願いした。

施術と経過

身体を見ていくと、下顎の左側に赤みがある。腫れも出ており、歯肉と歯茎の痛みも伴うので、口を開けようとすると痛みが増す。
顎や歯肉・歯茎に対し、問題で現れやすい特有のコリがあったので、手に鍼をすると、腫れが引き歯肉・歯茎の痛みも軽減し口を動かしやすくなったので、施術を終了とした。
その後、2日後には全く気にならなくなったとのご連絡を頂いた。

使用したツボ

まとめ

顎の痛みや歯肉・歯茎の痛みも、整動鍼は良い対応ができる。特有のコリを見つけ、そこを緩めるツボを使うことで、痛みを改善させることが出来るという証明にもなる症例であった。

症例を書いた鍼灸院:しん鍼灸院

症例を書いた鍼灸院