ツボネット ホーム

口を開こうとする時に出る顎の痛み

口を開こうとする時に出る顎の痛み

  • 患者

    女性

    10 代

  • 来院

    2016年3月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

5日前に朝起きて、朝食を食べようと口を開けようとした時に、右の顎に痛みが走った。そこからは会話する時にも痛みが出るようになり、日に日に痛みが増してきた。口を開けようとすると痛みが強く食事・会話もままならなくなったので、以前から関わりのある当院へ来院をした。

施術と経過

口を開こうとすると、人差し指1本分を開くのがやっとで、その際に右の顎に痛みが伴う。
身体を見ていくと、頚に顕著な硬さがあったので、手と肩に鍼をすると硬さが緩み、口も指3本分まで開くようになった。開くが痛みが残ったので見ていくと、顔に硬さが残っていた。手に鍼をすると痛みも8割下がり、口も開きやすく会話するのも問題が無くなったので、施術を終了とした。

使用したツボ

まとめ

剣道をしているという事で、日常的に歯を食いしばる事や、竹刀を持つ動作の反復が、顎周辺や手の過緊張を生み、痛みが出たものと考えられた。顎周辺は、手に限らず様々な場所からの影響がある。本症例は、剣道でかかる負担を早期に見つけられた事で、1回の施術で良い変化が出たのである。

提供:しん鍼灸院

症例提供