ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

まっすぐ立っていられないくらいの腰痛

まっすぐ立っていられないくらいの腰痛

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2019年5月 ~ 2019年6月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    4回

症状

ご来院される前日、掃除機をかけられていて少し腰に違和感を感じた。
翌朝、腰が次第に痛くなってきた。
まっすぐ立っていることができず、くの字の体勢でご来院された。

施術と経過

初回
痛みがある部位を確認すると左右の腰部下部が痛んでいた。
動きは上体を起こすことができない。
まず痛みが強く出ていたこともあり、脊柱の反応を確認すると痛みや炎症に関係する部位に強く圧痛があった。
手のツボに鍼をした。その圧痛は取れた。

若干、上体が起こしやすくなった。
次にうつ伏せになれるようになったのでうつ伏せの状態で左右の腰部の反応を確認すると激しく圧痛があった。
膝の裏のツボに鍼をしてその反応を取った。

再び起きて頂くと痛みはあるものの上体を起こすことができ、スムーズに歩くことができた。
その回は終了した。

2回目
前回からかなり改善が見られた。
自己評価では9→4とのこと。
若干、くの字の体勢が残る。
動きとしては上体を反ったり、右に倒す際に嫌な感じがある。
今回は脊柱のツボの反応を確認すると反応があった。
上体を反らせる目的で膝裏外側のツボに鍼をした。
上体を反らせる動きがスムーズにできるようになった。
次に右に上体を倒す動き。
この場合も脊柱の反応を確認し、下腿外側のツボに鍼をした。
上体を右に倒しても苦にならなくなった。

3回目
もうだいぶ良いが立ってる時がきついとのこと。
動きを見るとまっすぐ立った状態から腰を反らせる際に詰まって痛む感じがするとのこと。
右腰部の反応を確認し、右膝裏のツボに鍼をした。
その動きの悪さも痛みも無くなった。

4回目
もう腰部への意識はないに等しい。
強いて言えば車の助手席に乗る際にズンと右腰部が痛む。
座った際に片側の臀部に負荷をかけて痛みが出るので脊柱の反応を確認し、右側下腿外側のツボに鍼をした。
右側の臀部に負荷をかけても痛みは出なくなった。

それ以来腰部は好調である。

使用したツボ

まとめ

もともと腰痛を抱えられていた方
くの字になっていると楽で反らせると痛みが出るのでやりにくい動きをやりやすくする。
そういった意図で仮説を立ててツボを選んでいった。
その積み重ねで快方に向かっていった。

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

症例を書いた鍼灸院