ツボネット ホーム

全国の症例
はり・きゅうルーム恵眞道の症例

ペットを抱き上げ出現した腰の痛み

全国の症例
はり・きゅうルーム恵眞道の症例

ペットを抱き上げ出現した腰の痛み

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2019年5月 ~ 2019年5月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    2回

症状

重さ3.5キロのペットを床から持ち上げ、左横にあるベットへ移動させた時にズキッと腰に痛みを感じた。

デスクワークが多く、座った姿勢から立ち上がる度に腰の全体に痛みが出現する。

施術と経過

症状を把握するため動作チェックをおこなうと、身体を左へ捻る・後ろへ反らすという動作で痛みが出現していた。

身体を捻る動作に関連する筋肉を調べると、左腰の中央に特徴的な緊張がみつかった。

その筋緊張をゆるめるため、左手の甲へ鍼をおこなったところ、身体を左へ捻る動作が楽になった。

次に、身体を反らす動作に関連する筋肉を調べると、腰のベルトラインに近い箇所に筋緊張がみつかり、臀部に鍼をおこなうと身体を反らす動作が少し楽になった。

しかしまだ、腰に張りを感じてしゃがみこむ動作が不安だったため調べると、股関節に硬さが残っていることがわかった。

この硬さをゆるめるため、足の甲にあるツボへ鍼をおこなうと不安なくしゃがみこむことができるようになった。

身体を反らす動作に不安を残したため2日後に再度同じ施術をおこなったところ、身体を左へ捻る・後ろへ反らすという動作で痛みが出現しなくなったため、今回の施術は終了した。

使用したツボ

まとめ

仕事がデスクワーク中心のため、前傾姿勢が取りやすいつくりの身体になっていた。

そのため、もともと身体を後ろへ反らす動作が苦手であったと想像ができた。

ペットを床から抱き上げる時、しゃがみこまず立ったままの姿勢でリフトアップしてしまっていた。

抱き上げる動作が、身体を反らす動作になっていた。

加えて、身体を左に捻る動作を行っていたことから、左側に特徴的な筋緊張が出現していた。

身体を後ろへ反らす動作が苦手であることに着目することで、早期に改善できた症例だった。

提供:はり・きゅうルーム恵眞道

症例提供