ツボネット ホーム

NEW立ち上がる際に出現する臀部の痛み

NEW立ち上がる際に出現する臀部の痛み

  • 患者

    男性

    50 代

  • 来院

    2019年1月 ~ 2019年1月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

座った姿勢から立ち上がる際、右側のお尻から腰へかけてズキンと痛みが走る。

そのため何かに掴まらないと、右足に力が入りにくく痛みで立ち上がることが出来ない。

痺れや麻痺といった症状は出現していなかった。

施術と経過

この症状の性質を調べるため立ち上がり動作を行っていただくと、膝周囲に筋緊張がみつかった。

この筋緊張を緩めるため腰にあるツボへ鍼を行うと、膝の曲げ伸ばしが楽になり立ち上がる際の臀部が軽くなった。

だが、痛みの範囲が狭くなり残ったため再度調べると、臀部に繋がる肩の筋肉に緊張があった。

その肩の緊張を緩めるため足に2本鍼を行ったところ、何かに掴まることもなく立ち上がれるようになった。

立ち上がる際、足先に力が入りにくかったため、この動作に関係する腰に鍼を行うと、足に力が伝わるようになった。

症状が出現しなくなったことから、今回の施術は終了した。

使用したツボ

まとめ

臀部は上半身と下半身の動作を繋ぐ要。

肩とふくらはぎの筋緊張が続き、繋ぎ役の臀部が悲鳴をあげていた。

主訴である臀部だけに気をとられず、膝を中心に各関節を丁寧に観察することで初手がスムーズに行えた。

その後も、肩の筋緊張を見逃さなかったことが大きかった。

運動単位で調整をかける整動鍼ならではの症例だった。

症例提供