ツボネット ホーム

日々繰り返される単純運動で生まれた肩こり

日々繰り返される単純運動で生まれた肩こり

  • 患者

    女性

    20 代

  • 来院

    2018年8月
  • 通院回数

    1回

症状

日頃から肩こりがあり、酷い時には頭痛が出現。

インストラクターの仕事柄、左と比べ右半身を頻繁に酷使するため、首から足先まで筋肉が張っている。

市販の湿布や、整体へ通うことで対応していたが、それでは我慢できなくなって来た。

職場の先輩が「鍼で腰痛が楽になったよ」と、当院を紹介。

はり治療は初めてで不安だったが、先輩のその言葉を信じて予約した。

施術と経過

首・肩の動作に関わる、首から肩へかけ筋緊張があり肩を重たく感じさせていた。

その筋緊張を緩めるため、ふくらはぎにあるツボへ鍼を行なうと、首・肩の動作が楽になり肩が軽くなった。

肩が軽くなると、背中に違和感を感じたため調べると、背中の張りに関係する特有の筋緊張が下腹部にみつかった。

この下腹部の緊張を緩めるため、スネと足首にあるツボへ鍼を行うと背中の違和感が消失し呼吸が楽になった。

訴えていた肩こりを感じなくなったことから、今回の施術は終了した。

使用したツボ

まとめ

仕事中、多人数に同じ動作で指導を行なっているため、利き手側の筋肉に負担が蓄積されたことが今回の原因だった。

アスリートの方も同じだが、単調なリズムで蓄積される筋肉の疲労はその後のメンテナンスがとても重要になる。

お仕事のパフォーマンス維持のため、定期的にメンテナンスを行う方が長くストレスなくお仕事が続けられる。

今回は、お身体を酷使する職業の方に知っていただきたい、はり施術との付き合い方がよく現れた症例だった。

症例提供