ツボネット ホーム

全国の症例

風邪から体調が戻ってきたと思っていたら出現した便秘

全国の症例

風邪から体調が戻ってきたと思っていたら出現した便秘

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年8月 ~ 2018年8月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    4回

症状

風邪をひいた際に病院から処方された薬(抗生剤)が影響したのか便秘になった。

風邪はおさまったが、下剤(酸化マグネシウム)を飲まないとなかなか排便ができない。

施術と経過

アンケート判定7項目中の3項目が改善対象。

下腹部に筋緊張がハッキリと出ていた。

1回目の施術

便秘の原因と考えられる下腹部の筋緊張を緩めるため、足にあるツボへ鍼をおこなった。

鍼をおこなって5分ほど経過した頃から早くもお腹が動き出した。

2回目の施術

前回施術まで週に4回下剤を飲んでいた。

この10日間の内に飲んだ下剤は1回だった。

施術後の翌朝から自然排便が続いている。

まだ、下腹部の筋緊張があったため、前回同様に施術を行った。

3回目の施術

前回施術から、薬を飲まずに自然排便ができていた。

下腹部の筋緊張が残っていたため、同様の施術を行った。

4回目の施術

2回目の施術以降、下剤を飲まなくても自然排便ができている。

多少の残便感を感じるも、薬を飲まずに約半月排便できていた。

排便は継続されていたが、念のため4回目の施術を同様に行って今回の施術は終了した。

データ

使用したツボ

まとめ

下剤(酸化マグネシウム)を飲むと排便があることから、便の硬さと腸の動き(蠕動運動)が上手く働いていないことが想像できた。

体性‐内臓反射を働かせるため下腹部の緊張を緩めると、施術中から腸の動きが活発になり翌朝から排便があった。

今回は薬の副作用を原発とした腸・下腹部の緊張を、鍼で緩めることで改善できた便秘の症例だった。

提供:はり・きゅうルーム恵眞道

症例提供