ツボネット ホーム

全国の症例
しらお鍼灸院の症例

物を持ち背中に電気が走ったような痛みでなったギックリ背中

全国の症例
しらお鍼灸院の症例

物を持ち背中に電気が走ったような痛みでなったギックリ背中

  • 患者

    男性

    50 代

  • 来院

    2019年1月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    3回

症状

物を持って手を伸ばして奥の棚にしまおうとした時に背中に電気が走る様な痛みが走り、それから何をしても背中が痛くなり、普通の呼吸はできるが深呼吸をしても痛みが走る。
当院には通院歴があり、翌日に仕事を休み、来院した.

施術と経過

初回 本人もどこが痛いのかよくわからないがとにかく背中が痛い、場所は肩甲骨の下の辺りを手で押さえている。動きを確認すると腰の捻る(回旋)で痛みが出る。まず動くのにも一苦労なので少し動かせるように手のツボに鍼をした。腰の回旋は少しましになり、横になってもらい、足の甲ツボに鍼をした。若干深呼吸も楽になった。今は左側に痛みがあるのがわかってきた。寝返り動作で左側に捻るとより痛みが出る。スネのツボを使い、少し楽になり、横になってもらいお尻のツボを使った。立ってもらい、動きを確認したら、最初よりは動かせるようになり、腰の回旋も突っ張る感じはあるが、痛みはそこまでではなくなった。今回の施術を終了した。

2回目 2日後 大分痛みも楽になった。前回の施術から徐々に痛みは引いていたが骨などが心配になり、病院に行ったが特に問題ないと言われた。
腰の回旋は痛みなし、重たい、突っ張る感じがする。手のツボを使い、軽減した。うつ伏せになってもらい、お尻のツボを使い、終了した。

3回目 2日後 背中はもうほぼ痛みも違和感もない。腰の1カ所骨盤の上の辺りが、少し痛いような感じがある。ももの裏のツボを使い、改善し予防の為に施術をして終了した。

使用したツボ

まとめ

今回の背中の痛みは手を無理な体勢で使ったのが原因と考え、手の元である肩甲骨の動き、胸椎の動きを整えるように行った。肩甲骨とお尻の関係は深く、また脊柱が不安定な状態では身体がしっかりしない。肩甲骨、胸椎を整えてあげると痛みは改善していった。どこが原因か見極める事により、より早くに改善できるようになる。

提供:しらお鍼灸院

症例提供