ツボネット ホーム

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

介護中にキヤッと痛めた腰、股関節

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

介護中にキヤッと痛めた腰、股関節

  • 患者

    男性

    80 代

  • 来院

    2018年12月 ~ 2019年1月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    3回

症状

以前から通われていた方で当院に再来院される前にご主人が施設に入られ、その後体調を崩し、入院をされた。
その頃くらいから介護もあり、ご自身が元々抱えられていた腰痛と右股関節(下肢の外側にかけても含まれる)の痛みが再発。
症状的には腰に関して下のものを取って上体を起こすとき、股関節は階段を上る時に一回ずつ「キャッ、キヤッ」と痛く感じる。
どうしようかと思っていた時に当院を思い出しご来院された。

施術と経過

腰を反る時、股関節は伸ばした時に気になる。

初回
腰は膝裏のツボ、股関節は膝の外側にあるツボと腰のツボに鍼をした。
その場で軽くなった。

2回目、3回目
2回目の時点で下肢の外側にかけての痛みはなくなった。
しかし、軽くはなったものの腰と股関節外側の痛みが有るので膝裏のツボと膝外側のツボに鍼をした。
3回目で気にならなくなった。

使用したツボ

まとめ

介護による腰痛、股関節痛はそれを職業としている人していない人問わず多い症状であると言える。
また一度痛めると長引く傾向がある。
それを職業病と片付けてしまうのは簡単だがそれはあまりにもナンセンスだと私は思う。
どこに負担がかかり、それに対する適切なツボに鍼をすれば今回の症例のように変化はみられる事が多い。

提供:スギヤマ治療院

症例提供