ツボネット ホーム

今朝から始まった腰の違和感

今朝から始まった腰の違和感

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2108年12月 ~ 2018年12月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

朝からいつも通り職場で仕事をしていると段々と腰が痛くなってきた。午前中業務を終える頃には、身体が“くの字”になり腰が伸びなくなってきた。痛くない姿勢が見つからず、歩く、座るなどの動作時痛と黙って座っていてもぼんやりと腰部を中心に痛みが広がってくる。午後からも仕事があり、昼休みのうちに何とかして欲しいと電話を受けた。

施術と経過

右の腰椎付近に顕著な緊張を見つけ膝裏のツボで対応した。胸椎部には炎症反応とみられる緊張があったので小指のツボを使った。
すると歩き姿勢が良くなり本人から「まっすぐ歩いている感じがする」と言う感想をいただいた。今度は座位でみると座った時の背筋を伸ばす動作のみ「左の腰が奥に引っ張られる感じがする」とのこと。足指のツボ・肩甲骨の外縁にあるツボで緩めた。

施術後、身体をあらゆる方向に動かしても痛みはなかったため1回で終えた。

使用したツボ

まとめ

腰の痛みを逃避させるため身体がくの字を作り、動作に制限をかけていると推測しました。これは生理的な現象でありますが姿勢がリセットされないことが今回のポイントです。
身体が固まったままいると余計な緊張を生み“痛み”や動きの制限を呈してしまいます。そのような時、鍼で余計な緊張を和らげると元通りの身体へお手伝いすることが可能であります。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供