ツボネット ホーム

全国の症例
鍼灸マッサージたかはしの症例

日が経つにつれて辛くなってきた腰から大腿の違和感

全国の症例
鍼灸マッサージたかはしの症例

日が経つにつれて辛くなってきた腰から大腿の違和感

  • 患者

    女性

    70 代

  • 来院

    2018年10月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

1週間前に畑仕事で前かがみの状態が続いて、左下半身の重さを感じるようになった。
3日前から腰が痛くなりそのまま様子をみておけば良くなるかとみていたが、日にちが経つにつれて重たい感じが強くなってきたため不安になり、近くの鍼灸院を探して来院された。

施術と経過

腰の下の方の痛みと、左の腰~臀部から大腿まで重さやつっかかりを感じる。
会釈をするような姿勢、まっすぐに立つのが辛いということから
大腰筋の問題があると考え足の甲に鍼をしたところ、少し前屈(会釈)の姿勢の辛さが無くなった。
問診により畑仕事以外にも座って細かな手作業も多いことがわかり、触診では臀部の緊張が強かったため手の甲のツボに鍼をした。
仰向けから起き上がる動作のときに痛みが残っていたため、足のツボに鍼をしたところ痛みは無くなった。
つっかかりも無くとても軽いという状態をはっきりと確認できたため終了した。

使用したツボ

まとめ

はっきりとした痛みは少しの部分で他は「重さやつっかかっているような違和感」ということだったが、辛い動作と硬さがある部分をしっかりと把握する事で一回の施術で改善した。
畑の仕事だけでなく普段の運動量も多かったため下半身に負担がかかっていたこと、座って細かい気を使った作業も続けていたという、ご本人が原因だと思っていないような日常動作についても
知れたことも重要だった。

提供:鍼灸マッサージたかはし

症例提供