ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうroom タスケの症例

顎の痛みで指2本分しか口が開けられない

全国の症例
はりきゅうroom タスケの症例

顎の痛みで指2本分しか口が開けられない

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2018年4月 ~ 2018年5月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    4回

症状

2ヶ月前に、右顎に痛みを感じ始める。同時期に左顎からは「ポキポキ」と音が鳴るようになった。
歯科で「顎関節症」と言われ、スプリント(マウスピース)をして2週間様子を見たが、良くなる傾向はなかった。
整体にも2回続けて行ったが、かえって以前よりも顎の痛みと音が増した。
来院時は両こめかみ辺りの頭痛に加え、口を開ける際に右顎の痛みが強く指2本分までしか開けられない状態。左顎の音は口を閉じる際に「パキッ」と強い音が、他者にも聞いて分かる程。

施術と経過

左右の顎関節を触診すると、右側に軽く触れても痛むポイントがあった。右手首に鍼を1本打つと、右顎の痛みは6割程に減った。続けて腰にも鍼を1本打つと、さらに痛みは減って4割程になる。
2回目、前回同様の施術を行った。施術後は指4本分まで口を開けれるようになり、右顎の痛みは消失した。左顎に出現する、音だけが気になる状態。
3回目、左右の咬筋を触診したところ左に顕著な硬さがあった。左手のツボに鍼をすると瞬時に顎の音は半分以下に減り、他者には聞こえない音に変化した。
4回目の施術を終えた時点で、右顎の痛みと左顎の音は感じなくなった。

使用したツボ

まとめ

普段より長時間座ってのPC作業が多いということだった。手の疲労と腰からの疲労が蓄積して、背部に硬さ作り出していた。胸椎・肩甲骨は顎関節と連動しているため、背部の筋肉が固まると胸椎・肩甲骨の動きも悪くなり、顎の動きにも影響を及ぼす。今回のケースでは原因に1本1本、鍼を打つごとに好転する変化を感じられ、無駄の少ない理想的な施術となった。

提供:はりきゅうroom タスケ

症例提供