ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

NEWリンゴを食べて顎の痛みが悪化

NEWリンゴを食べて顎の痛みが悪化

症状

3週間程前から食事中に顎が痛く感じるようになった。2日前、朝食のリンゴを食べた時に悪化して、口を開けれないくらいの痛みに変わった。
カウンセリング時に「歯ぎしり」を家族に指摘されていると話してくれた。

  • 来院者

    男性

    30 代

  • 期間

    2021年5月 ~ 2021年5月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    3回

施術と経過

顎と頚の筋肉を緩める目的で施術を組み立てた。肩甲骨内縁に顕著な硬さが見つかり、その場所に鍼を行った。次に手首のツボに鍼をして口を開けてもらったところ、開けやすくなったと感想を得た。
2回目、初回施術後から2日間は痛みが気にならない程度に治っていた。少し痛みが戻ったが、最初程の痛みではない。前回同様の施術に加えて、腰のツボを追加した。
3回目、痛みがほぼ気にならない状態が続いている。状態が安定するように施術を行い終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

「歯ぎしり」によって、顎周辺が緊張していたことが原因していたと考えられる。顎周辺が緊張することでスムーズな口の開閉が行われず、痛みを引き起こしていた。肩甲骨や頚部の筋緊張を解くことで、歯ぎしりが起りづらい身体の状態に調整を行った。

症例を投稿した鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

症例を投稿した鍼灸院