ツボネット ホーム

立っていられない程の回転性めまい

立っていられない程の回転性めまい

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2018年8月 ~ 2018年8月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    3回

症状

2ヵ月程前、急に視界がグルグル回り立っていられなくなり、救急外来で診てもらう。CT・MRI検査では異常なし。
その後、耳鼻科を受診して「良性発作性頭位めまい症」と診断を受けた。処方薬(メリスロン)の服用と耳石の訓練法を続けていたが、その間にも何度か激しいめまいと吐き気が出現。来院の2日前にもめまいに襲われ嘔吐した。
また仕事でバタバタした日は、決まって夕方に後頭部が重く痛むと話してくれた。
めまいは薬では治らないと思い、東洋医学についてインターネットで調べていたところ当院を見つけて、来院された。

施術と経過

問診で「ほぼ毎朝、とくに左手にしびれがある」という話だった。後頚部を触診すると左頚部に顕著な硬結が見つかったので、手と肘のツボに鍼をしたところ硬結が緩んで、左手のしびれが軽くなった。
1週間後の2回目、毎朝ひどかった手のしびれをほとんど感じなくなった。。昨日、横になり頚を左右に降った時「クラッ〜」と軽いめまいが1度だけあったが吐き気はなかった。頚椎の調整をするツボを加える。
さらに1週間後の3回目、めまいは出ておらず、後頭部の痛みと手のしびれも改善された。
それから1ヵ月後、メールにて「めまいは一度もない」と報告を受けた。

使用したツボ

まとめ

「良性発作性頭位めまい症」は予後が良いとされているが今回のように2ヵ月間、薬の服用や耳石の訓練を試しても改善傾向にない場合、頚部の緊張を疑った方が良い。めまいの症状は、頚部の緊張を伴っている場合が多い。
めまいが出始めた同時期に、仕事内容が変わり過度のストレスがあったという話だった。技術職で手先の細かい作業と座った姿勢でのクセが原因して、頚の筋肉に緊張を作り出していたのだろう。

提供:はりきゅうroom タスケ

症例提供