ツボネット ホーム

「ジー」と鳴り続ける両側の耳鳴り

「ジー」と鳴り続ける両側の耳鳴り

  • 患者

    女性

    27 歳

  • 来院

    2017年4月 ~ 2017年5月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    5回

症状

1年半前、深夜番組のモスキート音テストで自分の耳に集中してから、右側の耳鳴りが止まなくなる。連休だったため、救急病院に駆け込むと「両耳の聴力が悪い」と診断。「良くなることはもうなく、これから悪化する一方です。」と言われる。
直後から両耳に耳鳴りが出現し、同時に高音が聞こえにくくなる。

幼少期から通っていた耳鼻科に転院するも同様の説明をされ、受診するたびに気分が落ち込んでいた。
SNSで当院が発信した突発性難聴・耳鳴りの記事をご主人が見てくださり、メッセージにてご相談を頂く。ご主人さまの協力のもと、本人曰く「重い腰をあげて」来院。

施術と経過

睡眠の質を高め、深夜2~3時まで眠れない状態の改善を目指す。
ふくらはぎや手、お尻のツボから、耳鳴り特有の首肩の緊張にアプローチすることで、筋肉の緩和と首・肩の動きがスムーズになった。

2診目、入眠が良くなったことを確認。肩甲骨と股関節の調整を働きかける。
5診目、お出かけをする意欲も出るようになり、「楽しい」と感じる時間によって耳鳴りを気にならない時間が増えた。
ご主人さまの急な転勤により治療を中断せざる終えなくなったが、転勤先での鍼灸院も紹介でき、まだ諦めなくて良いと思ってもらえた。

使用したツボ

まとめ

長期的な精神負担が、難聴・耳鳴りや「何をするにも億劫で辛い」身体を常態化させていた。
睡眠が取れ、肩甲骨と股関節が動かせるようになることで、耳周囲の緊張は緩和し自然と呼吸ができるようになる。
呼吸ができると精神的負担も緩和され、それによって身体が治ろうとする力を後押しできたと考える。

担当スタッフ

紅露 啓太郎

提供:紅露養生院

症例提供

  • 紅露養生院

  • 電話番号

    0797-75-3925

  • 最寄り駅・地域エリア

    JR中山寺駅・阪急中山観音駅/兵庫県宝塚市

  • 定休日

    月曜, 不定休

  • 詳しく見る