ツボネット ホーム

全国の症例
うめの手鍼灸マッサージ治療院の症例

ガスコンロに火をつけた時に腰にピキっと痛みが走った

全国の症例
うめの手鍼灸マッサージ治療院の症例

ガスコンロに火をつけた時に腰にピキっと痛みが走った

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2017年12月 ~ 2017年12月
  • 頻度

    2回通院
  • 通院回数

    2回

症状

ぎっくり腰 ガスコンロに火をつけた時に腰にピキっと痛みが走った

朝、ガスコンロに火をつけた時に腰にピキっと痛みが走った。何とか用事を済ませた後、整形外科を受診し「骨には異常なし」と言われ、痛み止めの注射をしてもらったが、痛みがなかなか引かない。家族にはり治療を勧められ、ネット検索し、当院にご連絡頂いた。

施術と経過

初診:すり足の状態でゆっくり歩いて来院された。体を前後に傾けることができず、痛みは右腰~仙骨あたりにある。ガスコンロに火をつける動作で痛みが発生したため、手や肩甲骨周りに原因があると考え、手や肩甲骨に刺鍼。さらに体の動きを出すよう、臀部に刺鍼。痛みが残るが、歩行がしやすくなり、体を前後に動かすことができるようなり、この日は終了。

2診(翌日):痛みはかなり減り、痛む動作が限定されてきた。脚をあげて歩いたり、車に乗る時や右臀部に体重を乗せると痛みが出るため、骨盤周りの筋肉に問題があると考え、足や腰に刺鍼したところ、痛みがほとんどなくなった。明日以降、まだ動いて痛みがあるようなら連絡して頂くこととして2診で施術終了とした。

使用したツボ

まとめ

ぎっくり腰のひとつのパターンである手の動きがきっかけで起こったものであり、腕~肩甲骨~腰部の関係が崩れてしまったことが原因であった。また、ぎっくり腰で体全体が緊張してしまっていることから、痛みのある動作をひとつずつ改善していくことで脳に対しても、動かすことができると認識させていくことも大事である。

提供:うめの手鍼灸マッサージ治療院

症例提供