ツボネット ホーム

全国の症例
三島渡辺治療院の症例

洗車中、バケツを持ち上げようとして動けなくなったぎっくり腰

全国の症例
三島渡辺治療院の症例

洗車中、バケツを持ち上げようとして動けなくなったぎっくり腰

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2018年9月 ~ 2018年9月
  • 頻度

    2回通院
  • 通院回数

    2回

症状

休日に洗車をしていたところ、水の入ったバケツを持ち上げよう力を入れた後、電気が走るような感覚がありその場からしばらく動けなくなった。
その後も体を曲げることができず、靴下を履いたり下着を履いたりすることが困難な状況であった。
翌日も症状は変わらず近所の整骨院で治療を受けたが痛みが軽減することはなかった。ご家族が鍼治療で腰痛が改善したこともあり鍼ならばよくなるだろうと考え来院された。

施術と経過

痛みの出る動作を確認すると身体を前に倒すことや体育座りをすることが困難であった、日常生活では靴下を履く時や車の座席に座っていることができない。
座っているより立っているほうが痛みは楽であることが分かった。

まずは炎症を抑えるために手にあるツボに鍼をし、続けて前屈や体育すわりが楽になるようスネにあるツボに鍼をしたところ前屈や体育すわりが楽にできるようになった。
ベッドに腰かけていると腰に気になる痛みがあったので連動する肩にあるツボに鍼をすると座っていても痛みが気にならなくなった。

2日続けて施術したところ動作時の痛みが消失したため施術を終えた。

使用したツボ

まとめ

動けなくなるほどの腰の痛みでも原因が腰にあるとは限らない。
できない動作をしっかりと分析し痛みの原因となる最適なツボへアプローチすることがすることが大事。

担当スタッフ

渡辺拓朗

提供:三島渡辺治療院

症例提供