ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:しらお鍼灸院

小学生の頃から頻繁に起こる頭痛

小学生の頃から頻繁に起こる頭痛

  • 患者

    男性

    17 歳

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年8月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    2回

症状

小学生の頃から頻繁にが起き、朝頭が痛くて学校を休む事もしばしばあり頭痛が起きても常に頭が重くスッキリしない。MRIなどを撮っても異常はなく、病院のお薬を処方されているが、イマイチ効果は感じられない。最近は毎日頭痛があり、頭と首が重く、目の奥の方が痛い。朝起きた時が一番ツラい。部活が終わり、これから受験に向けて頭痛をどうにかしたいと考え、ホームページを見て連絡を頂いた。

施術と経過

一回目 首の動き、硬さをチェックすると後ろに反らすと痛みが出て左全体的に首が張っている。まず首の緊張を緩和するためにお尻とふくらはぎのツボを使った。ぼーっとしていた頭がだいぶスッキリした感じがする。
肘と手のツボを使い、目の奥の痛みもなくなり、首の動きもよくなった。セルフケアをお伝えして終了した。

二回目 1週間後 前回の施術後調子は良く、5日間は日中頭痛はなく、朝の痛みもほぼなく少し違和感があるぐらいだった。昨日から日中の少し頭が重たいぐらいで気になるほどではない。首の硬さを確認すると前回よりは良いが硬い所がある。ピンポイントで首を緩めるためにお尻のツボを使った。そのほかに手と背中のツボを使い頭もスッキリしたので施術を終了した。

その後一ヶ月間ほぼ頭痛のない日を過ごしていると報告を頂き、またおかしいと思ったら来てもらうようにお伝えし、卒業となった。

使用したツボ

まとめ

今回の症例は後ろ頭から首にかけての過緊張が引き起こした頭痛ではないかと考えた。こういう頭痛は病院に行っても特に異常は見当たらない、鍼灸の得意分野の頭痛だと考える。だか、頭痛には命に関わるものもあるので鍼灸を受ける前には病院を受診をオススメしている。

担当スタッフ

片岡 興輔

症例を書いた鍼灸院:しらお鍼灸院

症例を書いた鍼灸院