ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

L字型ソファーで寝てしまいその後から動けなくなった

L字型ソファーで寝てしまいその後から動けなくなった

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2019年8月 ~ 2019年8月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

昨晩にL字型ソファーで寝てしまいその後から腰痛を感じ動けなくなった。1日経過し昨日ほどではないが仕事をしていると腰骨の上あたりに痛みを感じ腰を伸ばすことが出来ない。立位姿勢も前屈みになり歩きづらそうであった。特に足が地面に着くときに痛みが出る。

施術と経過

痛めた肢位から施術方針を立てた。まずは、炎症反応・股関節屈筋群の緊張を考え小指のツボ・足指にあるツボに鍼をした。すると、歩行時の腰骨に感じていた痛みが大幅に減少した。次にはハムストリングスの緊張を考え肩甲骨の外縁にあるツボに鍼をした。これで歩行時の痛みは無くなった。
最後に腰の支えとなる脊柱起立筋に緊張が見られたため、関連する膝裏にあるツボに鍼をすると背筋を伸ばし歩けるようになったため終えた。

使用したツボ

まとめ

L字型ソファーの中央で寝てしまい身体がくの字になってしまい、股関節屈筋群が緊張することで裏側の腰部が伸ばされ痛みを感じていた。そのため痛む箇所ではなく、股関節屈筋群に注目し改善を図りました。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を書いた鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を書いた鍼灸院