ツボネット ホーム

すのさき鍼灸整骨院の症例

NEW後ろを振り向けなく生活動作に支障をきたす

すのさき鍼灸整骨院の症例

NEW後ろを振り向けなく生活動作に支障をきたす

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2019年4月 ~ 2019年5月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    2回

症状

ここ数日、後ろを向くことが出来なく困っている。仕事で運転することも多く、そのときの後方確認は身体ごと捻らないといけないくらいである。酷くなると耳奥に痛みを感じ閉塞感もある。耳のことが心配になり耳鼻科にて肩凝りが原因と言われたため連絡をいただいた。

施術と経過

耳に関連する頚部には腫れ感があり股関節には特有な緊張があった。

脚の外側にあるツボに鍼をすると耳の裏側に触れた硬結が柔らかくなった。耳の聴こえ方も良くなった。次に手からの頚部への過緊張を考え、手指にあるツボに鍼をした。すると後ろを向くことが出来るようになった。

2回目、『後ろは振り向くことが出来るようになったし、快適である。長時間の運転になると腰が痛くなる』とのこと。
前回の施術に加え、お尻の筋肉のコンディションを高め施術を終了とした。

使用したツボ

まとめ

耳と股関節は関連しておりさらには顎も絡んできます。本症例は耳周りにある組織の緊張を取り除いていくことで改善した症例であります。部分にとらわれず全体観察ができたからこそ早期に改善されたものと思われます。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供