ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:ゐろは鍼漢院

10年間続く右足の痛み。

10年間続く右足の痛み。

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2018年7月 ~ 2018年8月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    9回

症状

【症状】 2018年6月より時々ではあるが、右足の付け根~太ももの前側に歩行が困難になるほどの激痛が走る。

同じ場所の痛みは10年前から自覚しているが、歩けなくなるほどの激痛は、今回が初めて。

また同時期(2018.6月)から、右臀部の痛みと右足の甲にしびれを感じるようになった。

施術と経過

問診にて6月から、料理の配膳の仕事を始めるようになり、今回の症状が出現したことを確認。

慣れない仕事により、右腰の周辺にストレスがかかったため、今回の症状が引き起こされたと推測した。

右足の付け根~太もも前側、臀部、足の甲に関するツボを触診にて確認したところ、右側に顕著な反応が認められた。

実際に鍼をし、ツボの緊張がとれた事を確認して、この日は治療を終了とする。

翌日、右足の甲のしびれは変わらないものの、右足の付け根から太もも、臀部の痛みは半分以下になっていた。

同じ施術を第5診まで繰り返したところ、右足の甲のしびれも消失したため、一度治療を終了する。

2週間後、症状が再び現れたため来院。

6診~9診:症状が初診時と同じであることを確認し、以前と同じ治療を行う。

9診目終了後、再発予防の体操を指導。以後三週間経過観察を行うが、症状の再燃はおこらず、仕事も無理なくこなせるということを確認。

現在は再発予防と健康増進の目的で1月に一度通院中。

使用したツボ

まとめ

下肢の症状は、痛みを感じる場所よりも、腰や鼠径部、臀部に問題はある場合が多い。

本症では、下肢の症状は、腰や臀部周辺の筋緊張にあると考え、集中的に施術を行う事で症状が緩解された。

症状の歴史がふるければ古いほど、回復には時間が必要とされるが、根気強く施術をうけることで変化がみられた、症例。

症例を書いた鍼灸院:ゐろは鍼漢院

症例を書いた鍼灸院