ツボネット ホーム

全国の症例
はり・きゅうルーム恵眞道の症例

NEW長時間オンブが引き金となった腰の痛み

全国の症例
はり・きゅうルーム恵眞道の症例

NEW長時間オンブが引き金となった腰の痛み

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2919年5月 ~ 2019年5月
  • 頻度

    1回通院
  • 通院回数

    1回

症状

3日前の家族旅行で、体重20キロの息子を前屈みの姿勢で長時間オンブし続け腰が痛くなった。

2日間、市販の湿布を貼ってみたが痛みは変わるどころか悪化。

椅子に座る・椅子から立ち上がる両動作で最も痛みが出現する。

施術と経過

痛みが出現する動作を確認すると、身体を後ろへ反らす(後屈)動作と、左側へ倒す(側屈)動作で痛みが出現することがわかった。

痛みの性質から調べると、腰に独特な筋緊張がみつかった。

それを弛めるため、臀部にあるツボへ鍼をおこなうと腰を後ろへ反らす動作が楽になった。

続けて調べていくと、座る・立ち上がる動作でまだ痛みが出現することがわかった。

動作に関連して調べると股関節と腰に強い緊張がみつかった。

ふくらはぎと足の甲へ鍼をおこなうと、緊張がゆるみ座る・立ち上がる動作がスムーズにおこなえるようになった。

身体を後ろへ反らす・横へ倒すという両動作で痛みが出現しなくなったことから、今回の施術は終了した。

使用したツボ

まとめ

椅子に座る・椅子から立ち上がるという両動作で痛みが出現していることと、旅行中に前屈みでオンブを長時間おこなっていたことから、身体を後ろへ反らす(後屈)動作がポイントになると考えた。

座り始める・立ち始める動作には、身体をやや前傾から身体を反らすという振り子のような動きが入っている。

長時間の前屈みオンブの後に腰痛が出現していることから、前屈み(前屈)動作は問題ないことが推測できる。

以上のことから、振り子の動きから身体を前傾する動作が消去でき、後屈動作に問題があることに着目できたことが今回の症例のポイントだった。

提供:はり・きゅうルーム恵眞道

症例提供