ツボネット ホーム

中腰でなったぎっくり腰

中腰でなったぎっくり腰

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2019年4月 ~ 2019年4月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

昨日、中腰で作業をしているとグキッと腰が痛くなり、そのまま立てなくなった。この患者さんはぎっくり腰を年に数回するような方で、今回の痛みは中程度だそうです。
昔、高い所から落ちて大怪我をした事があり、その時になったか分からないが腰の骨の軟骨が狭くなってると病院で診断された。

施術と経過

初回
腰の動きを確認すると前に屈み、後ろに反る、横に倒す、腰を捻る全ての痛みがある。特に後ろに反る事は全然できない。歩いていても腰に響き、右足にしびれが出ている。
まず、腰が痛くて仰向けで寝る事ができないので手のツボを使い、少し腰の痛みは楽になった。
仰向けで寝られそうなのでゆっくり仰向けになってもらうと腰が伸びて痛みがでる。仰向けで腰の捻る動きを確認すると、右の腰に痛みが走り、かなり動きを制限している。足のツボを使い、再度動きを確認すると痛みなくできるようになった。
うつ伏せになれそうなのでゆっくりなってもらい、股の裏のツボと腰のツボを使った。
起き上がってもらい、再度動きを確認するとどこも痛くなく動かせる様になった。『スゲー、キツネにつままれたみたいだ』とほめ言葉を頂いた。

次の日には遠出をする予定だった。これなら行けるそうと言うことで今回は施術を終了した。

後日、2万歩以上歩く事ができ、しびれは少しだけあるが痛みもなく過ごせているとLINEで報告してくれた。

使用したツボ

まとめ

今回の症例はももの裏の緊張が原因で腰が痛みが出たのではないかと考えた。中腰での作業はももの裏の緊張しやすい。年に数回ギックリ腰になり、元々腰に不安を抱えて生活を送っていた。腰の軟骨が原因狭くなっているから仕方がないと本人の思っていたが実は他に原因があった。その原因を特定しピンポイントで施術をする事により早期での改善が期待できる。

提供:しらお鍼灸院

症例提供