ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

後頭部に軽く触れただけで痛む

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

後頭部に軽く触れただけで痛む

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2017年2月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    3回

症状

来院一週間前、左を下にした横向きでうたた寝。「起きたら寝違えのような状態だった」との事。
それから「左頚のスジを痛めたような痛み」「左後頭部に軽く触れただけでビリっと痛む」症状が始まった。
「ビリっとした痛み」が特徴的だったためインターネットで調べたところ「後頭神経痛」を疑い、当院に来院された。

施術と経過

「左頚のスジを痛めたような痛み」は右を向くと増悪する。右を向きやすくするように、手のツボを使った。すると動きが改善すると共に、左頚の痛みが軽減した。
左後頭部のビリっとした痛みは、起床時と歩行時が最も顕著であるとのことから、睡眠時の姿勢を尋ねた所、普段の就寝中もずっと左下の横向きで寝ていることが分かった。
左臀部に負担が集中していることが原因と考え、左臀部に鍼をすると左後頭部の痛みが軽減した。
歩行時にも痛みが残ることから膝のツボを選んで鍼をしたところ、痛みが消失した。
同様の施術を行い、3回で終了した。

使用したツボ

まとめ

睡眠時に同じ姿勢を取り続けることにより、身体の一部に過剰な負担がかかることがある。
このケースでは左臀部であった。臀部と後頭部には相関関係があるため、臀部が原因となって後頭部が痛むことは珍しくない。
また、膝も原因の一つであった。膝の緊張が強いと、地面からの衝撃が吸収できず後頭部に伝わりやすい。
後頭神経痛は後頭部のコリが直接の原因になっていることが多いが、そのコリを取り除くためには全身を診る必要がある。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供