ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

風邪の後から、頚から後頭部にかけて強い痛みが残る

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

風邪の後から、頚から後頭部にかけて強い痛みが残る

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2017年1月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    3回

症状

来院5日前に風邪をひき、身体のだるさと左頚から後頭部にかけての痛みがあった。
その翌日、37℃後半の発熱。1日に7、8回、左頚から後頭部にかけて、突然「ガーッ」と強い痛みが走るようになった。
この日、受診した耳鼻科では「風邪」と診断され、解熱剤を処方された。
服用したところ、風邪症状は3日で改善。しかし、左頚部から左後頭部にかけての痛みだけが残って消えない。
特に左頚の付け根、左耳の後ろの痛みが強く、2、3分に1回ピリッとする。耳鼻科で頭痛の改善は難しいかもしれないと考え、来院した。

施術と経過

痛みが耳の後ろであることから、ヘルペスウィルス感染の可能性を考えた。皮膚に水疱は見当たらなかったが、時期的に潜伏期間の可能性も視野に入れ、施術を開始した。
触診すると左側の股関節周辺の筋肉が硬くなっていた。聞いてみると、デスクワークが長いことがわかった。
この股関節の状態が頚の硬さを引き起こし、耳の後ろの痛みにつながっていると考えた。
足のツボを使い股関節周辺の筋肉を緩めたところ、2、3分ごとにピリッと来る痛みが消失した。
同様の施術を3日に1回のペースで3回行ったところ、痛みが出なくなった。
後日、検査の結果ヘルペスウイルスは陰性であったとの報告を受けた。

使用したツボ

まとめ

慢性的なデスクワークによって股関節周囲の筋肉が硬くなったことが発端となり、頚肩の緊張ひいては耳の後ろの痛みをもたらしていた。
風邪を引いたことで全身の炎症及び筋肉のこわばりが強まり、さらに痛みが強く引き起こされたと考えられる。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供