ツボネット ホーム

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

後頭部が5分間隔で痛む

全国の症例
はりきゅうルーム カポスの症例

後頭部が5分間隔で痛む

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2017年11月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    2回

症状

来院1ヵ月前、左後頭部がズキズキするので「いつもの頭痛かな」と思いロキソニンを服用するが治まらない。
心配になり翌日に脳外科でMRIを撮るが異常なし。SG顆粒を処方されるが、痛みは治まらなかった。
翌週、別の頭痛クリニックを受診しセレコックスを処方されるが、痛みは治まらず。
さらにその翌週、頚部のレントゲンと脳のMRIを撮るが異常なし。
処方されたノイロトロピンを服用すると一時的に痛みが治まったが、数日すると痛みが再発した。
来院1週間前からは毎日ズキズキと痛む。昼~夕方にかけて5分間隔で痛む。
「この痛みを何とかしたい」とインターネットで検索し、来院された。

施術と経過

便秘気味であること、1週間前から左腰の痛みが悪化し、時にシビレを感じていることが、問診にてわかった。
腹臥位で腰部を触診すると硬かった。便秘との関わりがあると考え、腸の動きを促すツボ(スネと肘)に鍼をした。
また頚部を触診すると顕著なコリが見つかったので、手のツボで緩めた。施術直後に頭痛が半減した。
1週間後の2診目。初回の施術から頭痛・腰部ともに無かったので、予防として初回と同様の施術を行い、終了した。

使用したツボ

まとめ

後頭神経痛のような症状が1回の施術で改善した例である。
頭痛・便秘・腰痛の関係を考慮したことが早期改善につながった。
このような頭痛は、検査で異常が見つからず薬も効かないケースが多い。

提供:はりきゅうルーム カポス

症例提供