ツボネット ホーム

物をつまむと親指と人差し指が痛む

物をつまむと親指と人差し指が痛む

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年10月 ~ 2018年11月

  • 頻度

    月3回程度

  • 通院回数

    3回

症状

工場で検査をする仕事をされている。
その中で人差し指と親指でつまむ動作をされることが多い。
来院される一ヶ月前からこわばりが始まり、徐々にズキッと痛むようにまでなってきた。
家事や仕事に支障が出てきたのですでに通われていたご主人の紹介でご来院された。

施術と経過

初回
親指と人差し指を何も負荷をかけない状態では気にならない。
そこで患者さんの服をつまむ洗濯バサミをつまんでもらった。
すると親指と人差し指がズキッと痛んだ。
次に一本づつ親指を曲げる動きと人差し指を曲げる動きをしてもらうと各々つっかえる感覚を覚えた。
動きの改善をさせる目的で脊柱のツボと肩甲骨のツボに鍼をした。
指を単独で動かした際のつっかかりは無くなり、最初と同じように洗濯バサミをつまんでも痛みが無くなった。

2回目
1週間後、気にならない日が増えてきた。
特に人差し指は何も不自由が無くなっていた。
前回同様に洗濯バサミをつまんでもらうと親指の第二関節あたりが軽くズキッと感じた。
親指の動きを整える目的で脊柱のツボと肩甲骨のツボに鍼をした。
何も問題なく動かせれて洗濯バサミもつまめた。

3回目
さらに1週間後。
もう親指と人差し指に関しては何も気にならなくなった。
しいていえば腕が張るくらいになったので肩甲骨のツボに鍼をしてその張りを取って終了とさせて頂き卒業。

使用したツボ

まとめ

これは繰り返し同じ動作を行う方にはお悩みが多い症状かもしれない。
その際は指だけに問題があるのではなくその動きの悪さを引き起こしている部位に対するアプローチが必要となる。

提供:スギヤマ治療院

症例提供