ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

手の使い過ぎによる右手人差し指の腫れ

手の使い過ぎによる右手人差し指の腫れ

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2018年10月 ~ 2018年10月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    1回

症状

この方は工場勤務をされており1日に何万部も紙製品をチェックされる仕事をしている。
指先をかなり使う動きを何時間もする。
もともと複数ある症状で通われており、そのうち1度右の人差し指の付け根が痛み、ポコンと腫れて、熱感があり、全然指が曲がらないことがあった。
そのような訴えがあったので施術をさせて頂いた。

施術と経過

この場合、背中に緊張が強く出ていることが多いため、その緊張を取り除き動きをスムーズにすることを目的に施術を始めた。

初回
該当する背中のツボを押すと最初より動きが出てきた。
その部分に鍼を1本打つ。
その状態で右手人差し指を動かしてもらう。
最初は動きが硬いが動かすたびに動かせられるようになり、腫れも引いていった。
さらに肩甲骨のツボに鍼をしてまた動かしてもらうとさらに動かしやすくなり反対側の左手人差し指と変わらないくらいの見た目になり、変わらないくらい動かせられるようになった。
そして痛みもなくなっていた。

翌週確認したところ
右手人差し指は再発もなく気にならず仕事ができたとのこと。
初回で終了。

使用したツボ

まとめ

患部はだいぶ腫れており、ピンポイントで痛みが有った。
しかし、鍼を打ち、動かしてもらったらまるで風船がしぼんでいくように腫れが引いていった。
やはり動きのスムーズさを獲得できれば変化が出るという原理原則に則り施術を行うことは間違いではないと言える症例であった。

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

症例を書いた鍼灸院