ツボネット ホーム

全国の症例
養気院の症例

フワフワしためまい・吐き気を伴う後頭部の痛み

全国の症例
養気院の症例

フワフワしためまい・吐き気を伴う後頭部の痛み

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2014年6月
  • 頻度

    月3回程度
  • 通院回数

    2回

症状

1ヶ月前に頭痛とめまい(エレベーターに乗っているようなフワフワした感覚)に襲われた。
吐き気を伴い嘔吐が2回。頚、肩、背中が凝ったように痛み、右の頚すじは常に痛みがある状態。
さらに胸に痛みを感じ呼吸が苦しくなったため、病院に行った。
検査した結果は異常なし。4日ほど連続で頭痛(頚痛含む)とめまいが続いている。
来院時にはこめかみの痛みが消えていて、後頭部と右の頚すじの痛みがあった。

施術と経過

嘔吐を伴う頭痛の場合には、胃腸への配慮を行うようにしている。
この場合の嘔吐も、特定の肩こりが引き起こしているため、該当するコリを丁寧に診た。
坐骨が影響していると考えて、脚の付け根のツボに鍼を行った。
また、呼吸の苦しさと吐き気に対応するため足首のツボに鍼をした。
仕上げには、平衡感覚を調整するために手のツボに鍼をした。

2週間後(2診目)に確認したところ、めまいと吐き気は消え、頭痛は半分以下であることがわかった。息苦しさは時々あるという。
ちょうど月経と重なっていたために、月経痛としての腰痛があった。
仙骨と後頭骨を整えるツボに鍼をして、1診目と同様に脚の付け根のツボに鍼をして終了。
頭痛と腰痛が消失した。

使用したツボ

まとめ

この症例のポイントは坐骨である。脚と骨盤のつなぎ部分に強い緊張があったため、その問題が上半身まで波及し、強い肩こりを招いていた。
その肩こりが、めまい、呼吸の苦しさ、嘔吐を引き起こしていたと考えられる。
月経時の肩こりや腰痛も、骨盤の動きが止まると起こりやすい。
症状の幅は広くても、引き金となっているポイントを抑えることができれば、一度に解決することができる。
ただし、いつも同じように原因が見つかるとは限らないため、注意深く症状の特徴を観察することを大切にしたい。

提供:養気院

症例提供

  • 養気院

  • 電話番号

    0270-74-3592

  • 最寄り駅・地域エリア

    群馬県伊勢崎市

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る