ツボネット ホーム

全国の症例
國定鍼灸院の症例

座ったりかがんだりができない「ピキン」とした腰の痛み

全国の症例
國定鍼灸院の症例

座ったりかがんだりができない「ピキン」とした腰の痛み

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2017年10月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    3回

症状

年に一度はギックリ腰をしており、先週くらいから調子が悪くマッサージに行った。

昨日長時間仕事で座って作業をした後に立ち上がろうとした際、「ピキン」と腰に強い痛みを感じた。
夜に送別会があったので痛みを我慢したまま参加したら余計に悪化した。

翌日に痛みが更に強くなり仕事を休んだ。
行きつけの鍼灸院に行こうと思ったが休診日だった為、ネットで検索して「腰痛専門」の当院に来院。

施術と経過

<一診目>
腰を少し曲げた状態で来院。座ったり横になったりが辛い。
立った状態が一番楽という事で立った状態で触診を始めた。お話を聞くと臀部の外の辺りが一番痛い。詳しく触診をすると一箇所強い圧痛を確認できた。関連する腰のツボに鍼をすると圧痛が大幅に緩和され、ベッドに腰をかける事ができた。

立った状態で前屈、後屈がほとんどできなかった。これは腰椎と胸椎に問題があると考え触診すると強い筋肉の緊張とコリを確認できた。
関連のある足のツボと手のツボに鍼をするとコリが緩和され前屈と後屈が大幅に改善され、後屈では痛みは消失し前屈では痛みが大幅に減少した。動きと痛みが大幅に改善されたのでこの日は治療を終了した。

<二診目>(1日後)
朝起きた時は「絶好調」だったが通勤時満員電車で押された時に再度痛めた。お昼くらいには痛みがピークに達した為早退をして来院した。
痛めた場所を確認すると仙骨から尾骨にかけての広い範囲での痛みを感じる。
詳しく触診すると痛みが強くでる箇所を確認できた。関連する首と足のツボに鍼をしたところ痛みは消失した。

動いてもほとんど痛みが出ない為この日は施術を終了した。
<三診目>(6日後)
どのように動いてもほとんど痛くなくなったが左の大腿の外側の奥の方に痛みを感じる。
動きを確認すると股関節を内旋させる動きで痛みが強くなる。
これは胸椎に問題があると考え、足のツボに鍼をしたところ痛みが大幅に緩和された。

どのような動きをしても腰、おしり、大腿の痛みが出なくなったので通院を終了した。

使用したツボ

まとめ

股関節に大きな問題を抱えていた症例。腰痛というよりも臀部、仙腸関節に痛みが集中していた。股関節に問題が起きると腰椎に大きな歪みが生まれその周辺の筋肉や下部胸椎に影響を及ぼす事がある。痛い箇所だけにとらわれず大きく身体の状態を見る事で順序よく快方に向かった症例出会った。

提供:國定鍼灸院

症例提供

  • 國定鍼灸院

  • 電話番号

    048-499-2188

  • 最寄り駅・地域エリア

    JR武蔵野線「北朝霞駅」 東武東上線「朝霞台駅」 埼玉県

  • 定休日

    日曜, 祝祭日

  • 詳しく見る