ツボネット ホーム

症例を投稿した鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

NEW残業と共に出現した腰痛

NEW残業と共に出現した腰痛

症状

会社員であり、5月に入ってから残業が続いた。すると腰痛が出現し、仕事や家庭生活にも支障をきたすようになってしまった。屈む動きを行うと痛みが再現され、夕方など座っている時間と比例するように痛みが強くなる。以前、違う症状で通院していたこともあり連絡をいただいた。

  • 来院者

    男性

    20 代

  • 期間

    2021年5月 ~ 2021年5月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    2回

施術と経過

屈む動きを行うと右の腰臀部を掌で覆うような痛みの訴え方をしていた。その中で最大のコリを探ると腰方形筋部であった。そのため、対応する臀部のツボ・腰部の動きに対応するために膝裏のツボに鍼をした。すると先程よりやや内側の仙骨部に痛みを訴えるようになった。そこで関連する肩甲骨内縁のツボを使うと屈む動きが解消された。

2回目、『前回より良い。やや屈むと痛みが残っている』とのこと。
前回と同様の施術に加え、腰部の緊張に対応する膝裏のツボに鍼をすると状態が改善された。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

動きや緊張に目を向け施術を行いました。中でも長時間のデスクワークにより痛めたと言うワードがヒントとなり、腰方形筋部に注目出来たのが本症例のポイントであります。

担当スタッフ

洲崎 和広

症例を投稿した鍼灸院:すのさき鍼灸整骨院

症例を投稿した鍼灸院