ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:フルミチ鍼灸院

腰が痛すぎて“くの字”にならないと歩けれない

腰が痛すぎて“くの字”にならないと歩けれない

症状

以前から腰に違和感を抱えていた。
発症した日は休日。
バドミントンを遊びでした時に腰を痛めて動けなくなった。
当日は我慢し乗り切ったが翌日もくの字に曲げないと歩けない状態であったのでご来院された。

  • 来院者

    男性

    40 代

  • 期間

    2020年3月 ~ 2020年3月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    2回

施術と経過

初回
うつ伏せで寝ることができなかったので座位で行なった。
痛みが強く出ていることとやや前かがみになると腰が痛んでいた。
肩にあるツボに鍼をしたところまっすぐ立って歩けれるようになった。
やや仙腸関節に痛みがあるので肩甲骨上部のツボに鍼をした。
付き添いのご家族も驚かれるくらい楽になった。

二回目
2日後にご来院された。
かなり楽になった。
咳やくしゃみをする時、体を起こしている時に痛みが出るとのこと。
膝裏にあるツボで体を起こしやすくし、肘のツボを使い呼吸をしやすい状態に整えた。
体を起こしたりそらしても問題なく、咳をしてもらっても腰には響かなくなった。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

ぎっくり腰は一度やるとずっと癖になると言われがちな問題がある。
果たしてどうなのであろうか。
結論を言えば早期に適切な対応をすればずっと癖にはならない人も多い。
そういった点で鍼治療は早期にQOLを高めることができるので適切な対応の一つであると言える。

症例を書いた鍼灸院:フルミチ鍼灸院

症例を書いた鍼灸院