ツボネット ホーム

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

清掃作業、中腰姿勢で発症した腰痛

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

清掃作業、中腰姿勢で発症した腰痛

  • 患者

    男性

    50 代

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年7月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    2回

症状

清掃会社でプラント作業をされている方
作業中に重たいものを中腰姿勢で持った時に腰の下部を痛められた。
その後、動くことができず自宅で待機していた。
翌日になっても痛みが引かないので会社をお休みし、ご来院された。

施術と経過

初回
腰部の下部が激しく痛んでいた。
若干の熱感が感じられた。立ったり、座ったり含め体勢が変わることもすごく嫌だった。
炎症が疑われること、中腰姿勢で痛めたこと、肩にある反応点と脊柱の整合性を考えて肩のツボに鍼を打った。

その後歩くことがスムーズになり、中腰姿勢、そこから戻す時が楽になった。
上体を起こすのがまだ痛む。
立膝の状態で下腿のツボに鍼を行った。
本人の評価では10→3まで改善が見られたので終了とした。

2回目
時間が経ち、初回の施術から徐々に体が動かしやすくなってきたのを実感された。
ほぼ違和感、痛みはない。
気になるのが上体を起こした時に腰が詰まる気がする。
腰部の反応を確認し膝の裏のツボに鍼を打った。
そのつまり感も無くなった。

使用したツボ

まとめ

中腰姿勢から腰を痛められる例は非常に多い。
その際も可能な限り患者さんにとって楽な体勢で反応を確認し、適切なツボを選択することが大切である。
そして早期に結果が出すことができるのも鍼灸の特長であると言える。

提供:スギヤマ治療院

症例提供