ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

お子さんを抱っこした時に発症した腰痛

お子さんを抱っこした時に発症した腰痛

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2019年7月 ~ 2019年7月

  • 頻度

    1回通院

  • 通院回数

    1回

症状

当院にご来院される1週間前お子さんを抱っこした際にグギッと腰を痛められた。
痛みのピークは過ぎたもののいまだにお子さんを車に乗せたり、下ろしたりする時に痛みが生じる。
くしゃみをしても痛みが出るようになってきた。
以前も同じように腰を痛めることがあったがいつもよりも治りが悪い気がしたのでご来院された。

施術と経過

初回
痛みを感じる部位は腰部の下位。
座ったり、寝ている状態では特に感じない。
立った状態で動いてもらうと中腰姿勢、前屈姿勢、前屈姿勢から戻す時に痛みを感じた。

発症した時の体勢から考えて中腰姿勢をスムーズに取れるように脊柱、肩のツボの反応をみた。
圧痛があったのでその肩の反応点かつ治療点に鍼をした。
中腰姿勢をとっても痛みは無くなった。
次に上体を起こす時に痛みがあるので腰部の反応を確認、その後膝裏のツボに鍼をした。
最初よりも上体が起こしやすくなったものの若干残る。
再度脊柱の反応を確認し下腿部のツボに鍼をした。
本人も驚くほど動きがスムーズになり、痛みが引いた。
その調子で前屈をした際に腰部右側に張った感じがあった。
太もものツボに鍼をしたところその張り感は無くなった、

その後日常生活には何も支障が無くなったようで経過観察となった。

使用したツボ

まとめ

施術の世界では『不動則痛・動則不痛』という原理原則がある。
この症例も中腰、前屈、後屈など動かしにくさからくる痛みであると言える。
それらを鍼で動かしやすくすることによって痛みなく生活ができるようになった症例であった。

症例を書いた鍼灸院:スギヤマ治療院

症例を書いた鍼灸院