ツボネット ホーム

すのさき鍼灸整骨院の症例

NEW長距離運転後に起きた痛みと痺れ

すのさき鍼灸整骨院の症例

NEW長距離運転後に起きた痛みと痺れ

  • 患者

    女性

    30 代

  • 来院

    2018年5月 ~ 2018年6月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    4回

症状

2週間前から腰の痛みと左脚の痺れを感じ始め、ある時は瞬間だけ症状が出たり緩解したりを繰り返していた。来院日はちょうど長距離運転をした後で座席から立とうと思うとズキズキと痛み、身動きが取れなくなった。その場で休日だった旦那さんを電話で呼び、当院へ連絡をいただいた。
来院された日は立っている方が楽であり、座ると症状が出現した。そのため、車に乗り込むような屈む動作が一番つらい。また、当院の待合室の椅子、ベッド上で腰かけている間も辛そうだった。

施術と経過

発痛動作を考えて身体を診ていくと胸椎下部から臀部にかけての緊張一帯的に触れた。中でも屈むことが難しく脚の方にも痺れが出ていたため腰部・臀部の緊張を解すことを目的に施術を行った。脚のツボに鍼をすると屈むことがやや改善され、臀部の痛みも軽減した。また、手の甲にある腰部・臀部に関わり深いツボに鍼をすると屈む動作はほぼ改善された。

2回目『座っているときの症状はなくなり腰の状態は良いがふくらはぎに残ったような痺れが余計に気になるようになった』とのこと。前回の施術に加え、仙骨にあるツボに鍼をするとふくらはぎの痺れも軽減した。

3回目『前回より調子が良い、急に子供が後ろが乗ることがあったが大丈夫だった』と報告があった。

4回目『ほとんど症状も見られない、楽に過ごせている』とのこと。
同様の施術を行い3回目・4回目と症状が安定してきたため終了とした。

使用したツボ

まとめ

幼い子供がいて床上での生活が続き、臀部に過剰な負担をかけ身体のバランスが崩れことが本症例を紐解くヒントになりました。
どこが痛いのか。どのようにして痛めのかを整理していくことで患者さんが卒業されるまでの最短距離が見えてきます。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供