ツボネット ホーム

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

中腰姿勢で腰を激しく痛めた

全国の症例
スギヤマ治療院の症例

中腰姿勢で腰を激しく痛めた

  • 患者

    女性

    40 代

  • 来院

    2019年6月 ~ 2019年6月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    2回

症状

ご来院される日の朝。
中腰姿勢で絨毯をズラそうとした際に腰部全体に激しい痛みが襲った。
しばらく動くことができず横になっていたが落ち着いてきたので当院にご来院された。
歩く歩幅は狭めでややかがみ気味で歩かれていた。

施術と経過

初回
痛みがある部位は腰部全体が激しく痛む。
動きとしては座った状態から立つ時、中腰を取るとき、その状態から戻る時に痛みが生じる。

まず痛みが急性に発症したことと中腰姿勢から戻す時に痛みもあり、そういった状態に適した脊柱の反応を確認した。圧痛がみられた。
寝ることができないので座った状態で手のツボに鍼をした。
脊柱の圧痛がとれ、その瞬間にスゥーと軽くなった感覚があった。

次に中腰の姿勢をとり、腕を上げてもらうと右が挙げにくかった。
脊柱の反応を確認をしたところ、圧痛がみられた。
最初の1本目の鍼で動きに余裕が出てきたので仰向けで寝てもらいスネのツボに鍼をした。
痛みはまだ残るが中腰の姿勢を取っても腕を上げても違和感はなかった。

次に前屈をしてもらうと腰部の下部に痛みがあった。
骨盤の上部にあるツボの反応を確認すると右側に圧痛があった。
太ももの裏に鍼をしたところその圧痛は消失した。
痛みはあるものの動きの面では可動域は広がった。

立った状態で腰部が相対的に強く痛む。
腰部中位のツボの反応を確認し右側に強く痛みがみられた。
右の膝の裏に鍼をしたところその痛みも消失した。
再度立ってもらうと痛みは残るがまっすぐ立ってる感覚が得られた。

痛みはあるものの痛みは少なくなった。
動いた時の可動域も大きくなった。
違いがみられたので初回は終了した。

2回目
2日後にご来院された。
初回終了のその日は痛みがあったが翌日からかなり楽になった。
現時点で前屈をした際に動かしにくさがみられた。
脊柱の反応を確認し、右のふくらはぎのツボに鍼を打ったところ動きやすくなりさらに状態に違いがみられ、気にならなくなった。

その後はまた気になる際にご来院をしていただくこととなった。

使用したツボ

まとめ

ぎっくり腰の症例
初回の施術後、動きの改善はみられたものの痛みは残った。
しかし、翌日には大きく違いがみられた。
鍼は痛みを取るから動かせれるようになるのではなく、動きが整えば痛みは取れてくるという原理原則がうかがえる症例であった。

提供:スギヤマ治療院

症例提供