ツボネット ホーム

すのさき鍼灸整骨院の症例

後ろを振り向くことが出来ない

すのさき鍼灸整骨院の症例

後ろを振り向くことが出来ない

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2019年5月 ~ 2019年5月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    2回

症状

3日前、朝起きた時に右首のだるさを感じた。その後、首から背中に痛みを感じ自分で伸ばしたり揉んだりしても痛みは取れない。さらに来院する前日には左の首も痛くなり、自分で行うのには限界を感じ来院された。
営業職であり、運転するときに後ろを向くことが出来ず困っている。

施術と経過

自分で揉んだりしていたため頸部に硬結と腫れ感を感じた。
頚部を動かすと左右の回旋時に痛みを感じる。また、炎症反応に対応するツボに鍼をした。
すると頚部の右回旋が良くなり、左回旋時に右の首が痛む。
頚部の動きと対応するツボに鍼をし、症状が半減したのを確認して1回目の施術を終えた。

2回目、『前回より良いが頚を左回旋した時にやはり右の首が痛む』とのこと。
前回と同様に対応するツボに鍼をし、確認すると半減程度であった。
頚部に触れるとコリが小さくなっており、関係する肩甲骨の内縁を探ると緊張が見られた。
そこでここに鍼をすると頚部の回旋時痛がなくなったため施術を終了とした。

使用したツボ

まとめ

だるさ・痛みなど症状は頸部が動けないから痛いと考えた。ドライバーなど手を酷使する方には手指に緊張が見られそれを鍼で解し改善に繋げました。ハンドルを握るという動作を考えても小指の機能は大事であることと背部からの頸への影響も忘れてはならないと思います。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供