ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:ゐろは鍼漢院

左腰から足首にかけての痛み

左腰から足首にかけての痛み

  • 患者

    男性

    60 代

  • 来院

    2018年2月 ~ 2018年3月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    9回

症状

【症状】左臀部から左足首までの痛み。

【病歴】来院1週間まえ。雪かきをおこなった後、少しずつ、左臀部から足首にかけて痛みを感じるようになった。

痛みのため、まっすぐ、立つことができず、腰が前かがみになり、左に体の軸が傾いている。
また、左足を引き釣りながら歩行。

触診したところ、左の膝より下が右足に比べて異様に冷たいく、筋肉も固く強ばっている事を確認。

元々、冷え症という体質が素体としてあるところ、雪かきという重労働と冷えが重なり、腰臀部に負担をかけた結果、神経痛をおこしたと考え施術を開始した。

施術と経過

【第1診】
最も辛い「臀部から、足にかけての痛み」を軽減することを最優先に、治療を開始する。

臀部とふくらはぎにあるツボに鍼とお灸で温めるような処置を行う。

治療後、「やっぱり、1回じゃ治らないんだー」と悲しそうな表情を浮かべ、左足を引き釣りながら、帰宅。

【第2診~3診】
2診目:初診翌日。痛みが4割ほど軽減していた。初診と同じく、臀部とふくらはぎに鍼をする。

3診目:何とかまっすぐ立って歩けるようになり、歩行時も足を引きずることなく、歩ける様になった。

第4診 
左膝下の冷えは大分、少なくなり、右足との温度差はさほど気にならなくなる。

【第5診~8診】
6診目には痛みが初診当初の3割程度まで回復する。

その後、7診、8診と施術を受けるごとに徐々に症状が軽減していく。

ただし、臀部の重だるさは残る。

【第9診】 
臀部の重だるさがわずか(初診の1割程度)に残る。

9診目以降は、仕事の都合もあり、通院が困難だという相談をうけたので、自宅でできるお灸と再発予防の体操を指導し、施術を終了する。

1ヶ月後電話にて状態を窺ったところ、「生活に支障はなく、過ごせている」とのこと。

使用したツボ

まとめ

本症例は、腰臀部の痛みだけではなく、下肢の痛みを伴っていた。
また施術開始当初は、歩行も困難だったため、施術は数ヶ月単位を要することが予想されたが、触診に時間をかけ、痛みの原因と思われる、腰臀部の境目とふくらはぎに鍼をすることで、段階的な回復がみられた。

症例を書いた鍼灸院:ゐろは鍼漢院

症例を書いた鍼灸院