ツボネット ホーム

安静にしていても治まることのなかった腰

安静にしていても治まることのなかった腰

  • 患者

    男性

    30 代

  • 来院

    2109年4月 ~ 2019年4月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    2回

症状

2日前に引っ越しを終え、翌朝起きると腰に激痛があり起き上がることが難しかった。安静にしていれば治まると思い一日中布団の中で過ごした。今朝起きると腰を伸ばすと痛くて歩くと脚に痺れまで感じる。前日まで楽な姿勢があったが今はなく、症状も増えてきたため連絡をいただいた。

施術と経過

腰を伸ばす動きが加わると症状が強く出るため腰臀部・股関節の緊張を疑った。また、歩行によるものも考え、身体の捻じれにも注目した。

1回目、腰部の伸展に関わるツボと仙腸関節の捻じれに関わるツボに鍼をした。痺れの程度が小さくなり背臥位を取ることが可能になった。次に股関節の動きを調整する目的で足指にあるツボに鍼をした。すると腰を伸ばせるようになり、動作の途中で腰がズキッと痛む程度まで減少した。

2回目、『動作の途中で腰が痛くなるのが怖い』とのこと。
腰部をみると外側に強い緊張を触れました。そこで前回の施術に追加して、手指にあるツボを加えると腰を伸ばせるようになり、どんな方向へも動かしても痛みがなくなりました。

使用したツボ

まとめ

腰は身体の要であることからも手指・足指からそして捻じれの影響も受けやすいと思います。本症例は、歩くと言うワードがポイントとなり施術方針を定めました。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供