ツボネット ホーム

仕事中に起きたぎっくり腰

仕事中に起きたぎっくり腰

  • 患者

    男性

    40 代

  • 来院

    2019年4月 ~ 2019年4月

  • 頻度

    ほぼ毎日

  • 通院回数

    2回

症状

機器メンテナンスの仕事をしており、作業場は狭く身体を捻じらせ作業をしていた。痛めた当日、いつもより腰痛を感じており『何か嫌な感じがするな』と思っていた。斜め上の作業をしていると腰が抜けるように力が入らなくなり、その場に倒れてしまった。仲間に手を借り、何とか立てるようになったが痛みが酷く次の日に連絡をいただいた。

歩く動作や屈む動作に痛みを感じ、階段の降りるときが一番酷く『腰が剥がれるような感じがする』とのこと。安静にしていると痛みを感じない。3日後に出張も入っており行けるかどうか不安もあった。

施術と経過

腰部の緊張が激しく腹部も硬くなっていた。そのため、痛めた状態で身体が歪んでしまい動きに制限がみられると考えた。
股関節の動きに関わる足指のツボに鍼をし腹部の緊張を和らげた。続いて腰部の屈曲に関わる足のツボに鍼をし、炎症反応も見られたため手のツボを加えた。その場で靴下を自分で履けるくらい回復が見られたため1回目の施術を終えた。

二回目(翌日)、『生活動作は改善された。まだ、怖い動きもある。今日はお尻の方に痛みを感じる』
診ると特に手を挙げると臀部の痛みを感じていた。前回の施術に加え、臀部と肩関節の動きを調整する背骨のツボへ鍼をした。その場で動きが改善され、痛みも無くなった。最後に重心バランスを整え施術を終えた。

使用したツボ

まとめ

腹部の緊張が腰部の動きを妨げ痛みを呈していた。腰部と表裏関係にある腹部の硬さを取ることで腰部の原因が見やすくなりピンポイントで施術出来るため少ない回数で大幅に改善されました。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供