ツボネット ホーム

屈むと痛むお尻

屈むと痛むお尻

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2019年2月 ~ 2019年2月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    2回

症状

1か月ほど前から母親の介護が始まった。そのためか同じ時期から入浴介助が辛く特に前屈みになり手前作業するとお尻の痛みを感じる。
痛みは腰からお尻にかけて走り、酷い時は突き刺さるようなときもあった。これまで湿布や鎮痛剤、ストレッチ体操など自分で出来ることは試みたものの改善されなくご相談いただいた。
「体操していて痛くなるような動作はありましたか?」と聞くと「前屈すると同じような痛みが出ます」と言っていた。

施術と経過

痛む動作から肩甲骨と骨盤の連動が上手く出来ずにトラブルが起きているものと考えました。そこで肩甲骨にあるツボに鍼をしました。
すると前屈したときのお尻の痛みがなくなり、今度は腰部の痛みを感じ始めました。そこで腰部の緊張と関連ある足のツボに鍼をしました。
鍼を抜き、動作をもう一度見ると先ほどよりも前屈が出来るようになり腰部の痛みも取れました。

2回目、入浴介助も含め問題なく出来ている。生活をしていて疲れてくるとやや重く感じる程度。
前回と同様の施術を行い終えた。

使用したツボ

まとめ

介護業務は手前作業がほとんどで肩や腰を痛めやすい。本症例のポイントは、肩甲骨の緊張が腰部から臀部への痛みを引き起こしていたことです。肩甲骨と腰部の連動が取れることで身体は動きやすくなりました。また、介護業務で踏ん張ることで腰部に多くの負担をかけてしまいます。そこで膝裏にあるツボに鍼をすることで腰部の負担を軽減できたことも好転した要素と思います。

担当スタッフ

洲崎 和広

提供:すのさき鍼灸整骨院

症例提供