ツボネット ホーム

棚の上に手が届かない五十肩

棚の上に手が届かない五十肩

  • 患者

    女性

    50 代

  • 来院

    2019年2月
  • 頻度

    週1回程度
  • 通院回数

    3回

症状

介護福祉施設に勤務中、棚の上のものを取ろうとすると左肩(特に後ろ側)に痛みが生じるようになった。関節可動範囲も挙上に制限があり、120°程度。だんだん治るかと思ったのに、一年ほど我慢していたら逆にだんだんひどくなってきている。生活上も業務上も支障があるので、さすがにどうにかしたい。

施術と経過

痛みが生じる動きと部位に対応する手のツボに刺鍼。動作時の痛みが半分程度になったので、スネのツボにも刺鍼するとさらに痛みが減り、可動範囲が広がった。二診目、手や手首のツボを加えて施術、さらに可動域が広がる。三診目までに痛みはほとんど気にならず、可動範囲は170°以上になっていて、生活上・業務上とも支障がなくなったので、終了とした。

使用したツボ

まとめ

症状が慢性化するのかどうかについては、契機となった動作が引き続き繰り返されるのかどうかも大きく影響する。きっかけが特になく症状がいつの間にか生じた場合、偏った動作や一部の緊張が体に馴染んでしまっている可能性があり、多くの場合自然治癒を待つより、何らかの手段によってリセットすることが改善への近道である。五十肩の場合、痛みは徐々に引いても可動域制限は残りやすいので、我慢するより前に適切な手当をすることが大切であると考える。

提供:鍼灸マッサージ 鍼献洞

症例提供