ツボネット ホーム

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

固い物を噛むと出現する、顎関節痛と顎関節雑音

固い物を噛むと出現する、顎関節痛と顎関節雑音

  • 患者

    男性

    50 代

  • 来院

    2017年3月 ~ 2017年3月

  • 頻度

    週1回程度

  • 通院回数

    4回

症状

1ヶ月ほど前から右顎の骨にまで響く重たさを感じており、先週土曜日の晩から右顎が「ゴリゴリ」と音が鳴るようになる。月曜日の朝にリンゴを噛んだ瞬間、右顎に痛みを感じた。それ以降、固い物を噛むと右顎が痛むので右顎で物を噛めない。

施術と経過

最近、仕事の部署が変わったことで強いストレスを感じるようになり肩凝りもひどく感じるという。触診すると右の頚から肩、肩甲骨周辺の筋肉が硬くなっており、頚の可動域制限も見られた。筋肉の硬さを緩める目的で、右手と肩甲骨内側のツボに鍼をした。頚の可動域は良くなり、顎関節雑音が半減する。
同様の施術を3回続けて行い、4回の施術で顎関節痛と顎関節雑音が気にならない程度に改善された。

使用したツボ

まとめ

本人も自覚していたストレスが影響していたと考えられる。頚と肩の緊張が、顎周辺の筋肉の硬さを引き起こしており、顎関節に影響を及ぼしていた。頚と肩の筋肉を緩めることで症状も和らいでいくのを確認できた。

症例を書いた鍼灸院:はりきゅうroom タスケ

症例を書いた鍼灸院