ツボネット ホーム

妊娠9ヶ月(33週)の逆子で、胃の圧迫感と腰痛を伴う

妊娠9ヶ月(33週)の逆子で、胃の圧迫感と腰痛を伴う

  • 患者

    女性

    20 代

  • 来院

    2018年11月

  • 頻度

    週2~3回

  • 通院回数

    6回

症状

逆子33週

妊娠9ヶ月(33週と3日目)の時の検診にて逆子を指摘された。6~7ヶ月の頃にも、検診で指摘されたことがあったがその時はすぐに直った。逆子体操は教わったばかりで、やったことがない。平素から便秘で市販の整腸剤を用いている。妊娠してから胃が圧迫されて苦しさがある。仕事で中腰が多いためか腰痛が気になる。

施術と経過

仰臥位で腹部に触れると、胎児の頭らしきが上腹部に認められた。直前の産科でのエコーと一致していた。上腹部や季肋部の緊張を解くために、手足や背部のツボを用いた。5回目の施術の後、上腹部にあった頭らしき感触が消えた。直っている可能性があると判断した。その翌日のエコーで、頭位(頭が下)となっていること確認した。その後、1回の施術を行った。その後、頭位は持続し自然分娩ができた。

使用したツボ

まとめ

数回の施術で胎児の姿勢に変化がなかったが、施術の方針を変えず、上腹部と下腹部の双方の緊張を解くことに専念した。その結果、子宮の過緊張が解け胎児の姿勢変化が容易になったと解釈できる。

提供:養気院

症例提供

  • 養気院

  • 電話番号

    0270-74-3592

  • 最寄り駅・地域エリア

    群馬県伊勢崎市

  • 定休日

    日曜, 木曜

  • 詳しく見る